「仕事を辞めたい」
誰もが一度は考えるのではないでしょうか。
たとえそれが、どんなに自分が望んだ理想的な仕事であったとしても。

女性の場合は、新卒入社でまず「結婚」という局面を迎えた時、仕事を辞めるか否かの判断を迫られることになるでしょう。

昭和の時代、女性は「結婚」=「退職」がアタリマエでした。
「寿退社」と呼ばれ、それが女性の幸せを象徴するような価値観がありました。

ところが時代は変わり、現代の会社は女性の社会進出への支援が進んでいるので、
家庭と仕事の両立がアタリマエと言える世の中になってきました。
子どもが生まれても、産休や育児休暇が与えられ、保育所もどんどん増えてゆき、
家族の協力があれば仕事を続けていくことも可能になってきています。

しかし、いくら社会や家族、そして会社の体制が女性が仕事をしやすいように整ってきているとしても、
やはり様々な理由で仕事を辞めたくなることはあると思います。

一番の理由は「人間関係」ではないでしょうか。

この「人間関係」さえ良好であれば、どんなに仕事が辛くても、どんなに職場が劣悪な環境でも、そしてどんなに体が疲弊していても仕事は続けられると思うのです。
「人間関係」が仕事をしていく上で最も大切な要素であることは断言できます。

新聞やテレビの報道を見ていると、
仕事上の悩みやストレスで、不幸なことに自殺に追い込まれてしまうような事例も少なくありません。
どの事例も、必ずどこかで「人間関係」のストレスが絡んでいます。

また、女性の場合は特に、40代に差し掛かるころには「更年期障害」と呼ばれる精神的に不安定な時期に入ってきます。
普段は気にならないことが気になるようになり、過度なストレスを感じ、
うつ病のような状態に陥ってしまうこともあります。
うつ病状態を周囲に理解してもらうことはとても難しく、単に甘えているだけだと思われて辛い態度を取られたり、
厳しい言葉を浴びせられたりして死にたい気持ちになってしまうこともあるかもしれません。
そんな時、社内に精神的な拠り所になる、信頼できる人がいなかったらどんなに辛いでしょう。

ストレスをため、精神を病み、人間関係に苦しみ、体力を消耗する日々。

このような状態で仕事をしていても、
当然ながら家に帰っても穏やかな気持ちで家族と接することはできません。
自分自身も不幸でしょうが、それだけでなく、家族をも不幸にしているのです。
誰一人幸せではないこの状態に堪えてまで仕事を続けることは、はたして正しいのでしょうか?

人生はたった一度きりです。
40代になれば、人生も中盤を過ぎ、子育ても一段落している人も多いでしょう。
一昔前の女性であれば、既に子どもは独立し、孫がいてもおかしくない年齢なのです。
残された日々をできる限り穏やかな気持ちで幸せに暮らしたいと願うのは当然のことですね。

今辛い思いを噛みしめながら噛り付いている仕事は、あなたでなくてはできない、唯一無二の仕事でしょうか?
きっと違いますね。もしそうならば、あなたが本当に必要とされているならば、あなたはそんなに不幸ではないはず。

少し休んでみませんか。
二度とない人生です。一度くらいゆっくり心も体も休める時があってもいいじゃないですか。

この間に何をしましょうか。新しい何かを学んでみるのもいいでしょう。
英語などの語学を学んでみてもいいし、音楽や絵画など、芸術を学んでみてもいいでしょう。
沢山の本を読んでみるのもいいと思います。近場でもいいので、旅行に行ってみてもいいと思います。
新しい何かを見つけることができるかもしれません。

一番大切なのは「我慢をしすぎないこと」です。

悩み苦しみながらも頑張って仕事を続けているあなたは、きっと普段から頑張りすぎてしまう人なのでしょう。
そうじゃなければ、とっくに仕事を辞めています。そういう人は最初から悩みません。

勿論人生には「頑張らなくてはならないこと」も沢山あります。

学生時代に部活を頑張った人もいるでしょう。受験勉強を必死で頑張った人もいるし、
結婚して家事や育児に手を抜かずに頑張った人も沢山いると思います。
みんなどこかで頑張っていたんです。そうやって生きてきたはずなんです。

一度くらい頑張らないことがあったっていいんです。
もう我慢するのはやめましょう。

勿論、家庭の事情で、働いて収入を得なくてはならないという状況の方もいらっしゃるでしょう。
でも、「その仕事でなくてはならない」理由はどこにもありません。
深呼吸して外を見渡せば、他に仕事はいくらでもあります。新しい出会い、新しい世界がいくらでもあります。

あなたが幸せな気持ちで日々過ごすことができる。
そのことこそが周囲の皆を幸せにし、家族を笑顔にするのです。
それ以上に大切なことがこの世にあるでしょうか?決してありません。
何よりも大切なのは、あなたとあなたの大事な家族が幸せであることのはずです。

その為に、一日も早く決断しましょう。我慢するのをやめましょう。
そうすれば、きっと幸せな日々がまたやってきます。

「仕事を辞めたい」と考えているご自身の本当の気持ちを大切に考えて下さい。

 仕事辞めたい、という自分の心の声を抑え込むというのは色々なトラブルの元になる可能性があります。
 石の上にも三年の気持ちで努力することは大切だと思いますが、ひょっとして座っている石がブラック企業だとすれば、ブラック企業は手加減抜きであなた自身を崩壊させに来るでしょう。

 何よりも大切なことは自分の身体と心の健康であり、
 もしも仕事辞めたいと考えたら、ひとまず、ちゃんと自分自身と向き合って転職や退職など検討してみることをオススメします。

あなたは「仕事を辞めたい!」と思ったことあるでしょうか?

世間の激流にもまれ仕事をしていると、「辞めたい……辞めたい……、とにかく辞めたい……!!」そんなタイミングが一度や二度、三度四度あり得ると思います。

働く20~35歳を対象に行ったアンケートでも、71%の人が「仕事を辞めたいと思ったことがある」と回答しています。少ないくらいだと思いますけど。

「仕事辞めたい」は働いている人であるのなら例外無く1度くらいは頭に浮かんだことがある考えのはずです。

それでも「仕事辞めたい」と考えても、「辞めるのも面倒臭い」「それほど深刻ではない」くらいの方もたくさんいるでしょうね。

仕事を辞めたい理由

「仕事を辞めたい」と考える原因は、様々あります。数多くの人が、1度位は「仕事を辞めたい」と考え、思い描いた時があるに違いありません。人それぞれで、別にやりたい事を見つけることができた。などというチャレンジ精神旺盛な動機の人もいると思います。

ですが、ほとんどの方は、仕事場での人間関係に悩まされたり、仕事内容にやり甲斐を得られない。給与が安すぎる。残業が多過ぎる。休日出勤を強制的にやらされる。などなど悩みを抱えて、心と身体ともに疲労感が現れることこそが背景だと想定されます。ですが、

仕事を辞めたい・会社を辞めたい方は、退職するよりも前に転職活動をするようにしよう!

仕事を辞めたい・会社を辞めたいと考えた人が、ちゃんと実際に数多くあるリスクも熟考した上で、それでも辞表を出す決心をした際においては、多くの人が転職活動をスタートさせるのはないでしょうか。でも、会社を退職してしまってから、転職活動を行うのはリスクが高すぎます。極力在職中に転職活動を開始した方が良いでしょう。

「仕事辞めたい」そのように感じたら、全てに嫌気がさし、消極的な考え方しか行えなくってしまうのです。辞めたいと思う原因は、人間関係、仕事量、給与面など人によって色々でしょう。

「辞めたい」という思いを抱えながら仕事をし続けることは非常に苦しいです。ですが、衝動的に退職するのは避けた方が賢明です。取り敢えずは、自分自身の感情と対峙してみてはどうですか。

その中で、おススメなのが、

仕事を辞めたくなったら、まずはキャリア診断テストを受けてみることです。

キャリア診断テストがおすすめな理由は、

仕事を辞めたい・転職したいと思ってもその後、実際に「どういった仕事が自分に合うのか」、「自分を活かせる仕事は何か」をちゃんと、理解しておくことは、非常に重要だと言えます。

現実に転職まで検討していない場合でも、自分自身の適性に気付くことで今後の仕事の幅が拡大したり、姿勢を優れている方向に変更する事が現実としてあるのです。

オススメのキャリア診断はリクナビNEXT

おすすめのキャリア診断はリクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発したグッドポイント診断がオススメです。

人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいものです。
グッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した、
約30分でできる本格診断サービス。
診断に答えるとあなたの強みが判明し、診断結果は自己分析にも活用できることでしょう!
あなたの強み(グッドポイント)をさっそく見つけてみませんか?

客観的に自分の強みを把握できます!

グッドポイント診断で、
あなたの強みを見つけましょう!

リクナビNEXTのキャリア診断テストはこちらに登録して診断してください。

転職をする際に重要なことは、不満や勢いに乗って行動を起こさないことです。

まずは現状辞めたいと思っている原因が何なのか、自分の中でしっかり整理することが大切です。転職をする場合でも、そのステップを踏むことが理想に近い転職先を見つけるヒントになります。

「辞める」「辞めない」どちらにしても、後悔のない決断をしてくださいね。

 もしあなたが現在進行形で仕事辞めたいと思っていて、体力的にも精神的にも限界が近づいているようなら、すぐに辞めて転職することをおすすめします。

 引き継ぎや責任などは全て適当に投げてしまって構いません。
 劣悪な環境にいるのならば、その環境に対して責任を全うする必要はありません。まず責任感を捨ててください。一刻も早く泥舟から脱出することを考えるべきです。

 なぜなら、逃げ遅れて精神が限界を超えてしまうと、取り返しのつかない「鬱病」になってしまい転職が出来なくなってしまうからです。

毎日、仕事に行くことが辛くて仕方がない…
朝目覚めた瞬間、憂鬱感が襲ってくる…
布団から出られずいつも遅刻ギリギリになる…
朝食が砂を噛んでいるように味がしない…
出勤時の表情が帰宅時のように疲れている…
歩くスピードが遅く、まったく覇気がない…
出勤中、何度も自宅に引き返そうかと悩む…
他の社員がやけに仕事ができるように思える…
自分だけが取り残されているような気分になる…
仕事をしていても全然面白くない…
とにかくだるい。だるくて仕方がない…
休みたいけど休みたいと言い出す勇気がない…
正直、仕事を辞めたい…
でも家族がいるので辞めるわけにはいかない…
辞めても再就職できるともとうてい思えない…
もういっそ死んでしまいたい…
「ある日、朝起きたら身体が動かなくなっていた」
「家を出ようとしたら嘔吐が止まらなくなった」
「自分の悪口が聞こえる。幻覚や幻聴の症状が出た」

などといったことを考えていらっしゃるなら、
完全に「うつ病」の危険信号です。

 ブラック企業やパワハラ上司のいる職場に勤め続けると、最終的に上記のような症状が出ます。
 こうなってしまうと重度の鬱病と診断され、半年~1年は就職不可になってしまいます。それどころか日常生活にも支障が出てしまうため、非常に深刻な問題になります。

 会社に壊されないためにも「仕事辞めたい」という自分の心の声に正直に従いましょう。

 仕事辞めたいと思ったことはありますか?

仕事を辞めたくなったら、まずはキャリア診断テストを受けよう!